腰部脊柱管狭窄症は早期治療が鍵~適切なケアで健康を取り戻す~

医者

腰の痛み

病棟

腰部脊柱管狭窄症は何らかの原因で脊柱管が細くなってしまって神経に障害が出る病気です。腰痛や、下肢の痛みが特徴で、加齢によっても多く出てきます。治療は保存療法で治療を行っていきますが痛みがひどい時には手術も行われています。

View Detail

若い人にも多くなっている

先生

腰部脊柱管狭窄症は骨棘という骨の棘ができることがあります。この棘が神経を圧迫したり、刺激して腰の痛みを感じさせます。痛みだけでなく灼熱感という異常な感覚として表れることもあって、診断では間欠性破行が出ることや後ろに腰をそらすと痛くなるといった症状で診断がされます。

View Detail

腰痛の原因とその対策

女性

腰部は生活で当たり前のように動かす箇所であるため大事と言えます。その腰部には腰部脊柱管狭窄症の腰痛が起きたりします。そのため、腰部には痛みが走りそれは足先までくるため、対策や治療をしていかなければなりません。

View Detail

中高年に多い腰の疾患

医者

腰部の脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、腰や下肢に痺れや痛みを引き起こす疾患を腰部脊柱管狭窄症と言います。原因には先天的なものと後天的なものがあります。先天性の場合には、生まれつき脊柱管が狭いことが原因となります。後天性の場合には、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、外傷、加齢、長期間にわたる腰椎への負担やストレスなどの原因が考えられます。腰部脊柱管狭窄症で起こる最も典型的な症状は間欠性跛行です。歩くと痛みや痺れが現れ、一旦休むとまた歩けるようになるという症状です。その他にも、腰痛、下肢の痺れや痛み、筋力低下、排尿や排便が困難になるなどの症状が現れます。また、まっすぐ立ったり腰を反らしたりすると症状が強くなり、前かがみになると症状が緩和するという特徴もあります。

腰部脊柱管狭窄症は年齢問わず発症する可能性があります。特に50代から80代の男性に多く見られます。原因は定かではありませんが、仕事が重労働であることや長時間運転すること、また喫煙も多かれ少なかれ関係するとの見方もあることから、男性に多く発症するのではないかと考えられています。女性の場合は閉経の影響でホルモンバランスが崩れることにより、腰部脊柱管狭窄症よりも骨の疾患を患うことが多いと言われています。高齢者に多く見られる理由としては、若い頃に身体を酷使し続けた結果だとされています。現代の若者は、重労働に就く人こそ減ってはいるものの、虚弱体質の人、痩せすぎまたは肥満の人、生活習慣が乱れている人などが急激に増加しています。そのことから、腰部脊柱管狭窄症の患者は若者を中心にこれからどんどん増加していくと見られています。